2018NBAカンファレンスファイナル!ロケッツvsウォーリアーズ第7戦

ウエスタン・カンファレンスファイナル! ヒューストン・ロケッツvsゴールデンステイト・ウォーリアーズ第7戦です。 ロケッツはクリス・ポール、ウォーリアーズはアンドレ・イグダーラが怪我で欠場。 昨日は、クリーブランド・キャバリアーズが第7戦を制し、一足早く4年連続でファイナル進出。 第1クォーター ロケッツが積極的にペネトレイト、連続ファールを受けます。ウォーリアーズはターンオーバーを連発し、立て続けにファールを犯します。 しかし、すぐに落ち着きを取り戻し4-4の同点にします。残り8分20秒にクレイ・トンプソンがジェームズ・ハーデンのスリーポイントを阻止しようとブロックに飛びますが痛恨の3ファール目を犯し、しかもシュートも決められます。 更にエリック・ゴードンのスリーポイントとクリント・カペラのダンクで15-9と点差を広げます。ウォーリアーズはステフィン・カリーのスリーポイントが入りません、ケビン・デュラントもフリースローを2本共外す等、苦しい展開。 残り6分から両チームはオフェンス・リバウンドを頑張りますがシュートが全く決まらなくなります。残り4分半に、ようやくショーン・リビングストンのジャンパーが決まります。 しかし、苦しいながらもウォーリアーズは残り3分半に2点差とします。残り2分20秒にデュラントが再びフリースローを外します。3本連続ミスは見た事がありません。 結局、第1クォーターが終わって24-19とホームのロケッツがリー…

続きを読む

2018NBAカンファレンス・ファイナル!セルティックスvsキャバリアーズ第7戦

ボストン・セルティックスvsクリーブランド・キャバリアーズ第7戦 キャバリアーズのケビン・ラブが怪我で欠場。 第1クォーター 立ち上がりはセルティックスが6-0といいスタートを切ります。 キャバリアーズはレブロン・ジェームズが連続得点を決めますが、ジェイソン・テイタムが好調ですぐに返し11-4としキャバリアーズは堪らずタイムアウト。 タイムアウト後にセルティックスが激しいディフェンスを見せます。アル・ホーフォードのブロックはファールにはなりますが、紙一重。 立ち上がりはレブロンとテイタムが好調に得点を伸ばします。キャバリアーズに至っては得点のほとんどがレブロンです。 残り5分を切ったところで、ジェフ・グリーンがバスケット・カウントを決め、同点とします。その後にレブロンもバスケット・カウントを決め16-15と逆転。しかしセルティックスがディフェンスから流れを掴み、26-18とセルティックスがリードして第1クォーターが終了。 第2クォーター このクォーターの立ち上がりもセルティックスが得点を重ねます。キャバリアーズはアウトサイド・シュートが中々決まりません。 レブロンのターンオーバーも目立ちます。セルティックスは、テイタムがシュートにパスカットと好調です。 その後、両チーム共、得点が中々決まらなくなりますが、キャバリアーズがジワジワ点差を詰め、残り3分半で5点差とします。 そして、JR・スミスのスリーポイントが決まり2点差。セルティックス…

続きを読む

2018NBAカンファレンス・ファイナル!ウォーリアーズvsロケッツ第6戦

NBAファイルは3年連続同一カードでしたが、今年は変わりそうな展開。 イースタン・カンファレンスはボストン・セルティックスvsクリーブランド・キャバリアーズが3勝3敗、ウェスタン・カンファレンスはヒューストン・ロケッツvsゴールデンステイト・ウォーリアーズはロケッツが3勝2敗と王手をかけました。ウォーリアーズはアンドレ・イグダーラ欠場が大きく響いています。 ウォーリアーズのホームコート「オラクル・アリーナ」 ヒューストン・ロケッツもクリス・ポールが前の試合でハムストリングを痛め欠場。 第1クォーター 両チーム共、ターンオーバーを出しシュートが入らず、開始2分間無得点。ケビン・デュラントがようやくフローター気味に決めます。 ロケッツもスタメン起用のエリック・ゴードンが連続スリーポイントを決め同点とし、重苦しさを払拭します。その後、ウォーリアーズはシュートが決らず、逆にロケッツが得点を上げ7点差、ウォーリアーズが堪らずタイムアウト。 タイムアウト後はロケッツがターンオーバーを連発、ステフィン・カリーのスリーポイントで一気に同点になります。しかし、ここまでデュラントのシュートが不調です。 トレバー・アリーザが2本目のスリーポイントを決め、ここまで不調のジェームズ・ハーデンの穴を埋められるか?その後、ハーデンはジャンパーを決めた後に、22本連続ミスをしていたスリーポイントを沈め復調、点差を広げます。 その後もロケッツが立て続けにスリーポイントが決め…

続きを読む

井上尚弥vsジェイミー・マクドネル!バンタム級世界戦!拳四朗戦も

井上尚弥vsジェイミー・マクドネルのWBA世界バンタム級タイトルマッチです。 対戦を熱望していたローマン・ゴンサレスが敗れ、スーパーフライ級で戦うモチベーションが 無くなった事と減量苦から階級を上げ、井上尚弥が3階級制覇に挑戦。 戦績は井上が15戦全勝13KO、がジェイミー・マクドネルが33戦29勝13KO2敗1分1無効試合。 計量後、マクドネルは10キロ以上の体重増加が囁かれ、体重差が気になりますが 井上のパンチが、バンタム級でどこまで通用するか楽しみです。 第1ラウンド マクドネルが積極的にジャブを出します。しかし、井上が左ボディから攻め立てます。 そしてラウンド中盤に井上が左フックでバランスを崩させます。 更に左ボディでダウンを奪います。何とか立ち上がりますが、ロープを背負わせラッシュ。 マクドネルは堪らず2度目のダウン。そして、そのまま試合がストップ。 強過ぎです、圧巻… マクドネルは全く何もできませんでした。 勝つとは思っていましたが、まさかの結末。 今後のマッチメイクが楽しみですが、井上が負ける姿が想像できません。

続きを読む