2018MotoGP第10戦チェコグランプリ、後半戦スタート

MotoGPはサマーブレイクが終わって後半戦スタート。
第10戦チェコグランプリです。

ポール・ポジションはアンドレア・ドビチオーゾ、2番手にバレンティーノ・ロッシ、3番手にはマルク・マルケス。ドカティとヤマハはランキングトップのマルケスの独走を止められるか。



ロッシが好スタートでホール・ショットを奪いますが、すぐにドビチオーゾがトップに立ちます。

残り20周
ホルヘ・ロレンソがマルケスをかわし3位に浮上。

残り19周
マルケスはペースが上がらないのか、様子を見ているのか4位を走行。

残り17周
マルケスがロレンソをかわし3位に浮上します。

残り16周
トップのペースが上がらず、このクラスでは珍しく11台のマシンが長い列を作ります。

rossi-sepang2-gpone.jpg

残り14周
ロレンソがマルケスをかわし3番手に浮上。その直後にロッシがドビチオーゾをかわしトップに立ちます。ペースを上げるか?

残り13周
再びマルケスが3位に浮上。離されまいと上位を追います。

残り12周
マルケスがドビチオーゾをかわそうとインに入りますが、ドビチオーゾがクロスラインで抑えます。

残り11周
ホーム・ストレートでドビチオーゾがロッシをかわしトップに立ちます。そして直後にマルケスがロッシをかわし2番手に上がります。

残り10周
カル・クラッチローがロッシをかわし3位に浮上します。

残り8周
ロッシは5位にまで順位を落とす苦しい展開。

残り6周
11位走行中のアルバロ・バウティスタがここにきてファステストラップを叩き出します。トップ争いはロッシまでの上位5台に絞られそうです。ロレンソが最終コーナーでクラッチローをかわし3位に浮上。

残り4周
上位3台がペースを上げ優勝争いは3台に絞られそう。そして3番手のロレンソが一気にトップを狙いますが、ドビチオーゾにはクロスラインで抑えられ2位につけます。

残り3周
ロレンソがドビチオーゾにバトルを仕掛けますが、ドビチオーゾも抑えます。

残り2周
この周も同じ所でロレンソが仕掛けますが、ドビチオーゾが抑えます。更に後半セクションではマルケスがロレンソに仕掛けますが、ロレンソは2位を死守しラスト・ラップに突入。

ラスト・ラップ
マルケスがロレンソをかわし2番手に浮上しドビチオーゾを追います。しかし再びロレンソが2番手に浮上、激しいバトルを繰り広げます。

そしてレースはそのままの順位でフィニッシュ、ドカティのワンツー。ドビチオーゾが今シーズン2勝目を上げました。


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ



この記事へのコメント