2018NBAファイナル!ウォーリアーズvsキャバリアーズ第4戦

第1クォーター
立ち上がりから、ホームのキャバリアーズのシュート確率が悪いです。ウォーリアーズのディフェンスがいい。
一方のウォーリアーズは簡単にゴール下に入りシュートを決め残り9分半で10-3とリード、キャバリアーズがタイムアウト。

タイムアウト後は両チームのディフェンスが良くなり、キャバリアーズもタイトなシュートが決まりだし残り6分40秒で13-11と2点差に詰め、今度はウォーリアーズがタイムアウト。

タイムアウト後にウォーリアーズが3本連続でスリーポイントを決め、21-13と一気に8点差をつけます。レブロン・ジェームズは疲れからか、シュート確率が悪い。

ウォーリアーズはボールがよく回り、流れるようにシュートを決めます。一方のキャバリアーズもボールが回り始めます。反撃開始か?残り3分に5点差としますが、ウォーリアーズはスリーポイントをあっさり決め、29-21に。

結局、第1クォーターが終わって34-25と9点差。

第2クォーター
立ち上がりはキャバリアーズのオフェンスが決まり34-30。その後も両チームが激しいディフェンスを見せ、残り8分で38-35とウォーリアーズが3点リード。

試合はキャバリアーズペースになりかけます。そして残り6分30秒に41-40と逆転。

その後はつかず離れずとなりますが、ウォーリアーズのスリーポイントで徐々に点差をが広がります。

試合は61-52とウォーリアーズが9点リードで前半終了。
第3クォーター
立ち上がりにキャバリアーズが立て続けにファールを取られ15点差とされます。しかしキャバリアーズも粘りを見せ、ケビン・ラブが13点目を上げ残り8分に69-58と若干差を詰めます。

キャバリアーズはいいディフェンスを見せますが、ケビン・デュラントが難しいシュートを難なく決めます。キャバリアーズはここを何とか抑えないと勝ち目はありません。

ウォーリアーズもディフェンスでは負けていません、キャバリアーズは苦しいシュートセレクトで得点が伸びず。ウォーリアーズはボールがよく回り得点に繋げ、残り6分には65-58と17点差に開きます。

その後もキャバリアーズはオフェンスが重く得点が伸びず、試合は完全にウォーリアーズペース。第3クォーターが終わって86-65とウォーリアーズが大量リード。

負ければ終わりのキャバリアーズに対し、三連勝で王手のウォーリアーズに余裕が感じられます。

レブロン・ジェームズ&ステフィン・カリー

第4クォーター
キャバリアーズはレブロンをベンチで休ませます。何とか点差を詰めたいキャバリアーズを尻目にステフィン・カリーが2本のスリーポイントを決めます。更にスリーポイントファールをもらって3本共成功させ、95-70と25点差まで広がります。

残り9分、キャバリアーズはここでレブロンを投入。最後の追い上げをエースに託しますが、現実問題はほとんど可能性はゼロに近い…

残り7分を切ったところで、デュラントがプレーオフ初のトリプル・ダブルを決めます。

そして残り4分にはレブロンがベンチに下がります。チームメイトのみならず、相手チームのプレーヤーにも挨拶を交わす姿は胸が熱くなります。

ファイナルのこの時間で試合を諦めるレブロンは記憶にないです…

試合は108-85、ウォーリアーズがスイープでチャンピオン・リングを手にしました。

ファイナルMVPは2年連続でケビン・デュラントが獲得です。


今年は例年になく盛り上がった東西カンファレンス・ファイナルでしたが、終わってみればウォーリアーズが圧倒的な強さでファイナル制覇。

来年はスパーズのカワイ・レナードがどうなるかによりますが、残留が決まればウォーリアーズの最大のライバルになるでしょう。

シーズンを通して、波に乗れなかった「OK3」オクラホマシティ・サンダーもどうなるか分かりませんが、OK3解体がなければリーグを盛り上げてもらいたいです。

そして、やはりイースタンの台風の目となったボストン・セルティックスのカイリー・アービングとゴードン・ヘイワードの復帰でチーム力が一気にあがり優勝候補に。

来年は違ったファイナルのカードを各チームに期待します。


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ



この記事へのコメント