バッテリーは使い方で寿命延長!スマホとガラケー2台持ち。予備必須

バッテリーの生産終了にご注意?

宅電の子機のバッテリーがダメになってしまってました。

子機は二台あるのですが、特に一台だけ頻繁に使っているわけでもないのに
一台だけ5分も持たず充電が無くなります。バッテリーの当たり外れですね。

電話子機

なんせ古い電話機なんで、メーカーにバッテリーも子機も在庫が無く
ネット通販でも探したのですが見つからず…

仕方がないんで、親機を有線で使うしかないです。

電話

それ程、固定電話を使う頻度は多くはないですが、やはり不便です。

電話自体は全く問題ないので、新しく買うのを躊躇してました…

使い捨ての時代なので、賛否両論はあるでしょうが、昭和世代の人間としては
捨てられないんです。
それから数か月後、たまたまパソコンでググってみたら、在庫を発見。

これは大チャンスと早速、注文ボタンをクリック。

やはり、ネットだと全国各地からの情報が得られるので、掘り出し物も見つけやすい。

数日後、到着。

バッテリー

すぐに開梱し交換。

無事、復活しました。

一度不便さを体験していたので、やはりコードレスはいいです。

今さら有難味を実感。


それと、最近のモバイルやデジタルカメラ等は
常にバッテリーを気にしていないといざという時、困ってしまいます。

過去に何度も泣かされたので、管理人はスペアのバッテリーを
何かにつけて持つようにしています。

純正品から、安くても高性能な社外品まで、多数発売されているので
色々検索すると楽しいです。

外出先でも、全くバッテリーの残量を気にしなくてOKになります。

当然、モバイルバッテリーも所有しています。

中でもスマホのバッテリー切れには要注意と、今まで所有したスマホは
全てバッテリーが外せるタイプを使ってます。

モバイルバッテリーとコードは煩わしいので不便。

スマートホン
スマートホン バッテリー

ガラケーと2台持ちにしてますが、古いガラケーも充電回数を気にしていたので
数年前に買った製品でも、バッテリーは未だに元気。

格安SIMカードでガラケーとスマホの2台持ち 上手に節約参照

DSC01170.JPG

充電しながらの使用や、過度の充電はバッテリーの負担になるそうで、要注意。

過放電と過充電は、相当バッテリーの負荷になるらしいので
残量15%程でスペアバッテリーと交換し、90%程で充電完了させてます。

これならバッテリーにも優しく、残量の心配はほぼありません。

最近発売されてる機種は、ほとんどがバッテリー内蔵型なんで、
気に入った機種を探すのが大変でした。


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック