山中慎介vsルイス・ネリ 世界戦!賛否両論あった試合!

アンソニー・ジョシュアvsウラジミール・クリチコ
サウル・カネロ・アルバレスvsフリオ・セサール・チャベスjr.
ワシル・ロマチェンコvsジェイソン・ソーサ戦
アンドレ・ウォードvsセルゲイ・コバレフ第二戦!
マニー・パッキャオvsジェフ・ホーン戦
エイドリアン・ブローナーvsマイキー・ガルシア!
カルロス・クアドラスvsファン・フランシスコ・エストラーダ
ローマン・ゴンサレスvsシーサケット・ソー・ルイヴィサイ
ゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・アルバレス注目の一戦
ボクシング最強ボクサー!思い入れのあるボクサー その1
ボクシング最強ボクサー!思い入れのあるボクサー その2

村田諒太vsアッサン・エンダム!初世界戦!
井上尚弥&八重樫東 世界戦!
三浦隆司vsミゲール・ベルチェルト戦 
山中慎介vsルイス・ネリ 世界戦!
ミゲール・コットvs亀海喜寛 スーパーウェルター級世界戦
井上尚弥vsアントニオ・ニエベス アメリカで注目の世界戦

ボクシングの判定
山中慎介世界戦ストップのタイミング!賛否がありますが…
スポーツはホント何が起こるか分かりません!ボクシング談義

待ちに待った山中慎介の世界戦です!

山中慎介は、最近ちょっと押され気味の試合内容で、逆転KO勝ちとスロースターターの
イメージがありますが、勝てば具志堅用高の世界戦13連続防衛の日本タイ記録に並びます。

父親が部類のスポーツ好きで、カンムリワシ具志堅用高の引退試合は
子供の頃にテレビで見てました。幼心にショックでした…

山中慎介

世界のパウンドフォーパウンドトップ10に入る実力者の山中なので記録達成してくれると
信じて観戦です。相手も無敗ですが、対戦している相手の格が違います。


第1ラウンド
序盤から山中のジャブが多く見られ、中々の仕上がりを感じさせます。
終盤、ルイス・ネリのコンビネーションがヒット、激しい試合になりそうなの予感!

第2ラウンド
中盤からお互いのパンチが当たる距離で打ち合い、山中のアッパーが決まる場面もありますが
終盤にはネリのパンチをスリッピング・アウェー気味でかわし、しっかりとパンチを返しますが
スリッピング・アウェーはジャッジの印象が悪いので、ガードを上げてほしいです。

第3ラウンド
序盤から山中がジャブで距離を的確に測定、終盤には左がクリーンヒットしますが
終盤はパンチをもらう場面が観られます。ボディワークだけでかわそうとしているように
感じるので、もっとしっかりガードしたい。

第4ラウンド
序盤から挑戦者がプレッシャーを強めてくるところをクリンチで逃れます。

中盤に山中が連打を浴びます。しっかりクリンチで凌ぎたいところですが、ネリが
怒涛の畳み掛けを見せます。ガードを下げ激しく打ち合うも、山中にはこのラウンドは
落としてもいいので、カードとクリンチでダメージの回復に使ってほしいところですが
ボディワークでかわそうとする山中にネリが的確にパンチを当てていきます。

山中も打ち返そうと必死ですが、クリンチで逃れてほしいところにセコンドかリング内に…


セコンドのストップは早すぎ…
日本タイトルマッチや世界前哨戦等の試合で、選手のこれからを考える場面であれば
ストップもあり得るのだろうが、世界戦12回連続防衛中の選手をストップする場面ではないと
素人の目には映ってしまいました…

おそらくセコンドは既に山中の試合ぶりを見て止めるタイミングを図っていたのか…

名門帝拳ジムのセコンド、名トレーナー田中繊大の判断だったと言い聞かせます…

信頼しているセコンド陣と山中の試合後のやり取りはどんな内容であるか…

来月にアメリカで試合をする井上尚弥との対戦もあり得るのかと
楽しみにしていただけにショック…

井上が、4階級目のスーパーフライ級で苦しんでいるローマン・ゴンサレスを倒し
山中との日本人最強決定戦を見せてくれると勝手に想像していました…

最近では内山高志に三浦隆司と名ボクサーが引退。

山中を中心にボクシング界を盛り上げてほしいチャンピオンの王座陥落は
悲しい限りですが、今はゆっくり休んで次の試合で完全復活に期待です。

山中選手、お疲れ様でした!


そして月末は帝拳ジム、亀海喜寛のミゲール・コットとの世界戦に注目!

元4階級チャンピオンのコットに勝つのは至難の業でしょうが、同ジムボクサーの
三浦隆司と山中慎介の悔しさをボクシングの本場アメリカで晴らしてほしいです!


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ


この記事へのコメント