テレンス・クロフォードvsジュリアス・インドンゴ 統一戦

WBC.WBO王者のテレンス・クロフォードとWBA.IBF王者のジュリアス・インドンゴの統一戦です!

バーナード・ホプキンス以来の4団体統一戦です。

あの時はオスカー・デ・ラ・ホーヤのKO負けという衝撃と共に達成されました。

そして、今回は全勝同士の対決と見所満載!

現役最強ボクサーの一人に数えられるクロフォードが統一なるか?
フロイド・メイウェザー

第1ラウンド
立ち上がりはお互い様子見、さほど手数はありませんがクロフォードが
スピードを活かしカウンターを決めます。

第2ラウンド
このラウンド序盤もお互い有効打はありません。
終盤にパンチの交換からクロフォードがダウンを奪います。

第3ラウンド
ダウンを奪われたインドンゴも動きは良く、どちらが倒れてもおかしくない
緊張感溢れる試合展開。インドンゴが積極的に出てきたところに
クロフォードのボディブローがヒット!なんと、そのままカウントアウト。

クロフォードが地元で見事王座統一!何とも早いラウンドで決まってしまいました…

以前から注目していた選手ですが、ここまでワンサイドになるとは…

ワシル・ロマチェンコとの対戦を囁く専門家もいますので
今後のビッグカードに注目です。


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ



この記事へのコメント