2017-2018NBA開幕!ゴードン・ヘイワード骨折!

今年も待ちに待ったNBAが開幕しました!
例年になく移籍が目立ったオフシーズンだったと感じてます!

その中でも、オクラホマシティ・サンダーのビッグ3に注目です!
これで、一気にウエスタン・カンファレンスが熱くなりました!
ケビン・デュラントの移籍に落胆した昨シーズンより
更にチーム力がアップしたのではと期待大!
タレントは十分なので、後はチームケミストリーの問題です!

サンアントニオ・スパースを押し退け、打倒ゴールデンステイト・ウォーリアーズの
一番手に躍り出たのではと!

そして、イースタン・カンファレンスも大きく変わりました。
クリーブランド・キャバリアーズとボストン・セルティックスのトレードにも驚きました!
両チーム共、昨シーズンとは別のチームになってしまいました。
デリック・ローズにドウェイン・ウェイドまでもがキャバリアーズに移籍です。

今日はその2チームでの開幕戦です!キャバリアーズのホーム・ゲーム!
第1クォーター中盤までは一進一退の好ゲームですが
タイムアウト明けにゴードン・ヘイワードがゴール下で危険な接触で
着地に失敗し足が変な方向に曲がってしまい、会場が凍りつきました…


レブロン・ジェームズ

敵味方関係なく、ヘイワードの怪我を心配します…
担架で運び出されるアウェイチームの選手に、会場は温かいで拍手で送ります。

そして、レブロン・ジェームズがヘイワードに近寄り、励ましの言葉をかけます。

ヘイワードの一日も早い回復を願います。無事プレーオフに戻ってほしいです。


試合はJR・スミスのスリーポイントからトリスタン・トンプソンの
ゴールが決まり、点差が広がります。

その後セルティックスは中々得点が決まらず、第1クォーターが終わって29対19。

第2クォーターはデリック・ローズが積極的にゴールに向かう姿が見られます。
アイザイア・トーマスが怪我から復帰するまで、存在感を示したいところ。

セルティックスの攻撃も悪くはないのですが、シュートが決まらず点差が開きます。

レブロンは相変わらず、パスにシュートとマルチに活躍!
一方、アービングはイマイチ乗り切れず、目立ちません。

第2クォーターが終わって54対38とキャバリアーズが大きくリードします。

第3クォーター立ち上がりはセルティックスがハッスルプレーを見せ得点を重ねます。

その後もセルティックスのジェイレン・ブラウンが活躍を見せ、9点差にします。

立て続けにバスケット・カウントをもらい流れを掴み、スリーポイントを決め一気に4点差!

その後、ゴール下で激しい攻防を展開しながら、セルティックスが
更に得点を上げ、一時逆転しますが、ローズがブザービータースリーを決め
第3クォーターが終わって72対71とキャバリアーズが一点差リード。

第4クォーターはレブロンのゴール下での得点やアービングのスリーポイントと
お互い持ち味を出し、一進一退の攻防を見せます。

試合は残り3分を切ってセルティックスが3点リードです。

レブロンがアリウープを決めれば、ジェイソン・テイタムが
この日14ポイント目を決め存在感を示します。

ケビン・ラブのフリースローが決まり一点差で残り2分弱。
ジェイレン・ブラウンのスローポイントが外れ、逆にレブロンが
ゴール下で得点を決め逆転!更にラブのスリーポイントが決まり、突き放します!

最後はセルティックスも粘りを見せましたが、キャバリアーズが辛勝しました。

この試合、セルティックスは噛み合わない場面が見られる中、大健闘!

今後チーム・ケミストリーが成功すれば、間違いなく
イースタンを盛り上げてくれるチームになると確信しました!

WOWOWはスポーツが非常に充実しています!スポーツ好きの管理人には必須番組です!
ボクシングを始め、NBA、リーガエスパニョーラ、テニスと満載!さすが有料放送!
BS-NHKではNBAの放送が激減してしまったので、今ではWOWOWオンリーに
なってしまいました。スポーツだけではなく、音楽、映画と多岐に渡り楽しめます!大満足!
これに加え、MotoGPを放送してくれれば…


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ



この記事へのコメント