オスカル・バルデスvsジェネシス・セルバニア世界戦!

アンソニー・ジョシュアvsウラジミール・クリチコ
サウル・カネロ・アルバレスvsフリオ・セサール・チャベスjr.
ワシル・ロマチェンコvsジェイソン・ソーサ戦
アンドレ・ウォードvsセルゲイ・コバレフ第二戦!
マニー・パッキャオvsジェフ・ホーン戦
エイドリアン・ブローナーvsマイキー・ガルシア!
カルロス・クアドラスvsファン・フランシスコ・エストラーダ
ローマン・ゴンサレスvsシーサケット・ソー・ルイヴィサイ
ゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・アルバレス注目の一戦
テレンス・クロフォードvsジュリウス・インドンゴ 統一戦

村田諒太vsアッサン・エンダム!初世界戦!
井上尚弥&八重樫東 世界戦!
三浦隆司vsミゲール・ベルチェルト戦 
山中慎介vsルイス・ネリ世界戦!
ミゲール・コットvs亀海喜寛 スーパーウェルター級世界戦
井上尚弥vsアントニオ・ニエベス アメリカで注目の世界戦
村田諒太vsアッサン・エンダム第二戦!因縁のリマッチ!

ボクシングの判定
山中慎介世界戦ストップのタイミング!賛否がありますが…
スポーツはホント何が起こるか分かりません!ボクシング談義
ボクシング最強ボクサー!思い入れのあるボクサー その1
ボクシング最強ボクサー!思い入れのあるボクサー その2

無敗のハードパンチャー、オスカル・バルデスの防衛戦!

対戦相手のジェネシス・セルバニアも無敗です。
第1ラウンド
序盤からジャブの交換、お互いスピードがあります。
さすがメキシカンのバルデス、ボディブローを的確に当てます。

第2ラウンド
バルデスが積極的に手を出しますが、セルバニアも負けじと返します。
セルバニアはバルデスの打ち終わりを狙います。
終盤にバルデスのクリーンヒットが決まります。

第3ラウンド
バルデスが強いカウンターを当てます、凄まじい連打ですが
セルバニアは非常に打たれ強い、負けじと打ち合います!
セルバニアはもっと手数がほしい。

第4ラウンド
お互いにボディブローが上手く、ボディブローの打ち合いも。
セルバニアはガードがいい。激しい打ち合いが続きます。
そしてラウンド終盤にセルバニアがダウンを奪います!
更にラウンド終わりにクリーンヒット!バルデスがフラつき、すかさずクリンチ!

第5ラウンド
バルデスがクリーンヒットを当てます。前のラウンドのダメージは感じられません。
中盤にセルバニアが打ち返し、バルデスがクリンチ!
直後に、今度はバルデスがカウンターでダウンを奪います!
セルバニアはかなり効いてます!そして、バルデスがラッシュしますが
セルバニアも耐えます!凄まじい試合!

第6ラウンド
5ラウンドまで、お互いいいパンチをもらいますが回復が早い、練習量が伺えます。
このラウンドは若干手数が少ないが、終盤にパンチの交換。
セルバニアのクリーンヒットでバルデスがぐらつきます!目が離せない試合展開!


マニー・パッキャオ

第7ラウンド
バルデスがヒット・アンド・アウェー気味に戦います。
終盤にセルバニアの強いパンチがクリーンヒット!

第8ラウンド
このラウンドもバルデスが距離を取りながらパンチを出します。
セルバニアも詰めながら上手く当てます。

第9ラウンド
バルデスが足を使い、距離を取りながら戦います。
セルバニアも勇敢に飛び込みますが的中率がよくない。

第10ラウンド
バルデスは完全にアウトボクシング。
セルバニアの的中率が非常に悪くなってます。

第11ラウンド
このラウンドは、完全にバルデスペース。セルバニアのパンチが当たりません。
ラウンド終わりに激しく打ち合いますが、セルバニアは的中率が悪いです。

第12ラウンド
バルデスはポイント・アウトなど考えず、お互い激しく打ち合います。
最終ラウンドですが、ダウンが見られそうな打ち合いを見せ、試合終了。

判定は116-110 115-111 117-109でバルデスの勝利!

負けはしましたが、セルバニアの頑張りで非常に見応えのある試合でした!

WOWOWはスポーツが非常に充実しています!スポーツ好きの管理人には必須番組です!
ボクシングを始め、NBA、リーガエスパニョーラ、テニスと満載!さすが有料放送!
BS-NHKではNBAの放送が激減してしまったので、今ではWOWOWオンリーに
なってしまいました。スポーツだけではなく、音楽、映画と多岐に渡り楽しめます!大満足!
これに加え、MotoGPを放送してくれれば…


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ



この記事へのコメント