S・ライト級世界戦!セルゲイ・リピネッツvs近藤明広!

アンソニー・ジョシュアvsウラジミール・クリチコ
サウル・カネロ・アルバレスvsフリオ・セサール・チャベスjr.
ワシル・ロマチェンコvsジェイソン・ソーサ戦
アンドレ・ウォードvsセルゲイ・コバレフ第二戦!
マニー・パッキャオvsジェフ・ホーン戦
エイドリアン・ブローナーvsマイキー・ガルシア!
カルロス・クアドラスvsファン・フランシスコ・エストラーダ
ローマン・ゴンサレスvsシーサケット・ソー・ルイヴィサイ
ゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・アルバレス注目の一戦
テレンス・クロフォードvsジュリウス・インドンゴ 統一戦
オスカル・バルデスvsジェネシス・セルバニア世界戦!
ジョセフ・パーカーvsヒューイ・フューリー 世界戦!
ジャレット・ハードvsオースティン・トラウト世界戦
ジャーメル・チャーロvsエリクソン・ルビン 世界戦!
エリスランディ・ララvsテレル・ゲシェイ 世界戦!

村田諒太vsアッサン・エンダム!初世界戦!
井上尚弥&八重樫東 世界戦!
三浦隆司vsミゲール・ベルチェルト戦 
山中慎介vsルイス・ネリ世界戦!
ミゲール・コットvs亀海喜寛 スーパーウェルター級世界戦
井上尚弥vsアントニオ・ニエベス アメリカで注目の世界戦
村田諒太vsアッサン・エンダム第二戦!因縁のリマッチ!

ボクシングの判定
山中慎介世界戦ストップのタイミング!賛否がありますが…
スポーツはホント何が起こるか分かりません!ボクシング談義
ボクシング最強ボクサー!思い入れのあるボクサー その1
ボクシング最強ボクサー!思い入れのあるボクサー その2

近藤明広のアメリカでの世界戦!

チャンピオンベルトを日本に持ち帰ってもらいたいです。

戦績は近藤が36戦29勝16KO6敗1分、リピネッツは12戦全勝10KOのハードパンチャー!
第1ラウンド
両者、様子見の立ち上がり。近藤が前に出て、リピネッツが迎え打つ展開。
リピネッツが開いている所を上手く当てます。

第2ラウンド
お互いにジャブを打ち合います。リピネッツは鋭いワンツー
近藤がボディブローを出します。近藤は上下に上手く打ち分けます。
ガードもいいですが、時折開いている所をもらってしまいます。

第3ラウンド
このラウンドはリピネッツが積極的にパンチを出します。
近藤も勇敢に入って行きますが有効打はリピネッツが上のようです。

第4ラウンド
リピネッツがジャブを的確に当てます。スピードがあります。
更にワンツーも!近藤は正面すぎます、もう少し足を使ってほしい。
ボディブローも有効だったので、もっとボディを攻めたい。

第5ラウンド
リピネッツもボディブローを的確に当てます。
手数は断然リピネッツが多いです。
近藤ももっと積極的に手を出してほしいところ。
ラウンド後半に近藤がクリーン・ヒットを当てます。
お互いに激しく打ち合う場面が見られます。

第6ラウンド
お互いパンチの交換で、主導権争いに。
ラウンド後半にバッティングでリピネッツがカットします。
かなり深いようで出血が気になります。リピネッツの動き若干が変わります。


亀海喜寛

第7ラウンド
リピネッツが足を使い距離を取ります。
近藤はプレッシャーをかけますが手数が少ない。
リピネッツの手数が目立ちます。
ラウンド後半に近藤がクリーンヒットを数発当て、いい印象を与えます。

第8ラウンド
お互いに打ち終わりを狙う展開。近藤が積極的に攻めます。
ラウンド終盤に右のフックに左ボディと続けます。

第9ラウンド
ラウンド前半は近藤が積極的に攻めますが続きません。
リピネッツが効果的にパンチを当てます。

第10ラウンド
近藤の手数が少ないです。手を出さなければ当たらないので、積極的に攻めてほしい。
このラウンドはリピネッツの手数も減っています。

第11ラウンド
10ラウンドと同じような展開ですが、お互いにいいパンチを当てる場面が見られます。

第12ラウンド
ジャブのリピネッツに対し、近藤は積極的に手を出しますが的中率が悪いです。
ダウンは奪いたいところ。

試合終了

判定は118-110 117-111 117-111てリピネッツの勝利。

ポイント差ほど一方的な試合ではなかっただけに
近藤の手数がもっとほしかった試合内容でした。


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ



この記事へのコメント