世界戦アルツール・ベテルビエフvsエンリコ・コーリング

アンソニー・ジョシュアvsウラジミール・クリチコ
サウル・カネロ・アルバレスvsフリオ・セサール・チャベスjr.
ワシル・ロマチェンコvsジェイソン・ソーサ戦
アンドレ・ウォードvsセルゲイ・コバレフ第二戦!
マニー・パッキャオvsジェフ・ホーン戦
エイドリアン・ブローナーvsマイキー・ガルシア!
カルロス・クアドラスvsファン・フランシスコ・エストラーダ
ローマン・ゴンサレスvsシーサケット・ソー・ルイヴィサイ
ゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・アルバレス注目の一戦
テレンス・クロフォードvsジュリウス・インドンゴ 統一戦
オスカル・バルデスvsジェネシス・セルバニア世界戦!
ジョセフ・パーカーvsヒューイ・フューリー 世界戦!
ジャレット・ハードvsオースティン・トラウト世界戦
ジャーメル・チャーロvsエリクソン・ルビン 世界戦!
エリスランディ・ララvsテレル・ゲシェイ 世界戦!
デオンテイ・ワイルダーvsバーメイン・スティバーン世界戦
ヘビー級 アンソニー・ジョシュアvsカルロス・タカム戦
軽量級最強ワシル・ロマチェンコvsギジェルモ・リゴンドー

村田諒太vsアッサン・エンダム!初世界戦!
井上尚弥&八重樫東 世界戦!
三浦隆司vsミゲール・ベルチェルト戦 
山中慎介vsルイス・ネリ世界戦!
ミゲール・コットvs亀海喜寛 スーパーウェルター級世界戦
井上尚弥vsアントニオ・ニエベス アメリカで注目の世界戦
村田諒太vsアッサン・エンダム第二戦!因縁のリマッチ!
S・ライト級世界戦!セルゲイ・リピネッツvs近藤明広!
Sフライ級世界戦!全勝の井上尚弥vsヨワン・ビワイヨ!

ボクシングの判定
山中慎介世界戦ストップのタイミング!賛否がありますが…
スポーツはホント何が起こるか分かりません!ボクシング談義
ボクシング最強ボクサー!思い入れのあるボクサー その1
ボクシング最強ボクサー!思い入れのあるボクサー その2

アルツール・ベテルビエフ(ロシア)vsエンリコ・コーリング(ドイツ)の一戦!

戦績はベテルビエフが11戦全勝11KO、コーリングが24戦23勝6KO1敗。
第1ラウンド
ベテルビエフがプレッシャーをかけロープに詰めますが
コーリングはガードし押し返します。
ベテルビエフのガードを破りそうな鋭いジャブに対し
主導権を渡すまいとコーリングも強めに打ち込みます。

第2ラウンド
コーリングはプレッシャーをかけられ、押し返そうと強めに打ち込みますが
すぐにロープに詰められます。コーリングはガードを
しっかり固めディフェンスしますが、構わず鋭いパンチを連発。
しかし、コーリングも果敢に打ち返しますが、カウンターが怖い。

第3ラウンド
ベテルビエフが、あっさりロープに詰め連打。
コーリングも活路を見い出そうと前に出ますが、すぐに押し戻されます。
ベテルビエフの直進的な攻撃は、単純なようですが中々かわせません。

第4ラウンド
ベテルビエフの強いプレッシャーでロープまで押されます。
コーリングも時折飛び込んでの攻撃を見せますが、あっさり返されます。
一方的ですが、コーリングも動きながらしっかりガードしているので反撃に期待です。

第5ラウンド
コーリングが足を使いますが、すぐに捕まります。
上手く抜け出しますが、再びロープに詰められます。
コーリングは流れを変えるべく前に出ますが
強いプレッシャーですぐに押し返されます。

第6ラウンド
コーリングがプレッシャーをかけられながらも
ガードとフットワークを使って必死に戦います。
ベテルビエフはコーリングが強めに出ても構わず打ち合い、ロープに詰めます。

アンドレ・ウォード セルゲイ・コバレフ

第7ラウンド
コーリングはガードを固め、回りながら反撃を狙いますが
やはりロープに詰まります。必死に押し返しますが、同じ展開。

第8ラウンド
このラウンドもベテルビエフのプレッシャーで、あっさりロープに詰まります。
上手くかわしますが、再びロープに詰まります。
このラウンドは中央で打ち合う場面もありますが
コーリングは、やはりロープを背負わされます。

第9ラウンド
このラウンドは若干手数が少ないようですが、ベテルビエフのペースは変わらず。
コーリングの強いパンチが何発か当たりますが、効いていないようで流れを変えられず。

第10ラウンド
ベテルビエフの強いプレッシャーに、さすがに耐えるのが苦しくなってきたようで
守るので精一杯か、手数が少なくなっています。
そしてラウンド終盤に、ベテルビエフが強めに出ます。

第11ラウンド
ベテルビエフがパンチを集め、コーリングの顎が上げられます。
このままラッシュすると思いましたが、深追いしません。
なぜフィニッシュしないのか…再び同じ展開に。

第12ラウンド
このラウンドも開始からロープに詰まり、更にコーナーまで詰められます。
コーリングは反撃の力は残っていないくらい疲弊、ベテルビエフが強めに出ます。
ここでコーリングが堪らずダウン!
その後、ベテルビエフは倒しにかかります。

コーリングはKO負けだけは避けたいでしょう。

しかし、またもやダウン!そしてレフェリーが試合をストップします!

ベテルビエフが見事KOでチャンピオンに!

コーリングの硬いディフェンスを破ってKOするベテルビエフの攻撃力は凄まじいです。

この先、セルゲイ・コバレフとの統一戦を見てみたいです!


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ


この記事へのコメント