FZ1フェザーのユーザー車検。意外と簡単バイクユーザー車検!格安

車とバイクの車検は、毎回ユーザー車検です。

今回はFZ-1フェザーの車検。
インターネットで予約を取り、いざ車検場へ。


今回は、ユーザー車検の流れを紹介します。

ユーザー車検を検討している方の参考になればと思います。


納税証明書が無いと、車検が受けられないので忘れずに!


受付を済ませ、必要書類と「検査受検案内」を受け取り必要事項を記入。

「継続検査申請書」を記入。

走行距離を記入するので、メーター表示を控えておきます。

初めての時は、よく分かりませんでしたが、じっくり読めばそれほど難しくはありません。

分からない時は、各窓口で親切に教えてもらえるので、遠慮せず聞きます。

継続検査申請書

「検査依頼書、審査結果通知書」を記入し、印紙類を貼ります。

検査依頼書、審査結果通知書

「自動車重量税納付書」を記入し税金を納め、自賠責保険に加入します。

自動車重量税納付書

管理人はお世話になっているバイク店で自賠責保険に加入します。

いつも、お世話になっているので、少しでも貢献しなければと。


窓口に書類を提出し、不備がなければ検査コースに回ります。

いつもこの順番待ちで結構待たされます、一番嫌な時間です。


今回は、今までで一番空いてます。すぐに検査開始。

コースで各部の検査。

場外で車体番号、ハンドルロック、各ボルト類の緩みや
各装置ライト、ウインカー、クラクション、ブレーキランプを検査します。

その後、場内コースに入って排ガスの数値を測定、マフラーの音量測定し
光軸とブレーキの利き、スピードメーターの速度を検査します。

車検場 検査コース

光軸でNG…

他の箇所の合格をもらって、光軸を修正し再検査。

光軸等の修正は、車検場近くの予備車検場で受けられます。

光軸のみだったので、1.600円也。

再検査も無事終了。所有時間、30分強でした。


始めた頃は、不安がありましたが、今となっては簡単に済ませられるます。

分からなくても陸運局の職員さんが、親切に対応してくれるので

ユーザー車検を検討している方は、是非挑戦してみてましょう。


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ



この記事へのコメント