ゲンナディ・ゴロフキンvsバーネス・マーティロスヤン!ミドル級世界戦

サウル・アルバレスがドーピング検査で陽性となったため、試合を辞退。

ファン待望の再戦だっただけに残念…

対戦カードがゲンナディ・ゴロフキンvsバーネス・マーティロスヤンに変更になりました。

戦績はゴロフキンが38戦37勝33KO1分、マーティロスヤンが40戦36勝21KO3敗1分


第1ラウンド
マーティロスヤンが積極的にジャブを出しますが、ゴロフキンも構わず突進。
強いパンチを打ち返します。
ジリジリ詰めるゴロフキンに対し、マーティロスヤンはジャブで応戦。
ラウンド終盤にマーティロスヤンがクリーンヒットを数発当てます。
ゲンナディ・ゴロフキンvsバーネス・マーティロスヤン.JPG

第2ラウンド
ゴロフキンが右ストレートを当て、続けて右アッパーを決めます。
マーティロスヤンが膝をつきますが、レフリーはスリップと判断。
ダメージを受けたマーティロスヤンも負けじと打ち返しますが
ゴロフキンが猛攻。堪らずダウン、そのままカウントアウト。


1ラウンドに中々の展開を見せたマーティロスヤンだけに
面白くなるのではと期待しましたが、やはり実力が違い過ぎました…

来週はホルヘ・リナレスvsワシル・ロマチェンコの注目の一戦!

非常に楽しみです!


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ


この記事へのコメント