「揖保乃糸」ワンランク上の美味しさをたち吉の器で食す

朝晩は涼しくも、まだまだ残暑が厳しい中、
毎年夏バテ気味になりますが今年の猛暑は何とか乗り切れました。

食欲も落ちる事なく、食べる事が楽しみの毎日。

自宅を整理し、前回に続き20年以上前に親戚から頂いた「たち吉」の器を下ろします。

食器は料理の一部!たち吉の食器で少しは美味しそう?ナルミにノリタケ参照

小鉢に大皿と和食器多数。

たち吉 器.JPG



今回は友人からのお裾分け「播州手延 そうめん揖保乃糸」をたち吉の器で頂きます。

揖保乃糸.JPG

晩夏も夏はやっぱりそうめんです。

揖保乃糸1.JPG

等級は「上級品」

硬めに茹で、冷水で一気に締めます。

器に盛り付け実食。

揖保乃糸2.JPG

いつも食べているそうめんとは、やはり食感も香りも違います。

滑らかでコシがあります。

揖保乃糸3.JPG

喉越しがよく、あっという間に完食。

食欲が落ちた時に重宝するそうめんですが、ワンランク上の揖保乃糸で夏バテ解消か。


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ


この記事へのコメント