KLX125 オイル交換!走行距離20.000キロ超えも不具合無し

KLX125の走行距離が20.000キロを超えました。

前回オイルを交換したのは16.000キロで21.000キロになったので
オイルを交換します。

オイルは評判のいい、ヤマハ純性オイル「ヤマルーブ」を使います。

ヤマルーブ.jpg

エレメントは前回交換したので、今回はパス。
作業開始。

ドレンボルトを外しオイルを抜きます。

KLX125 ドレンボルト.JPG

すぐにボルトを締め、オイルを入れようとしたのですが、
気になってボルトを外すと、結構な量のオイルが残ってました。

オイルを抜いた後は、しばらく放置した方がいいです。

抜くのは、ある程度の時間をかけます。

注入口から1リットル程度オイルを入れます。

KLX125 オイル注入口.jpg

入れ過ぎてしまうと、オイルを抜くのが大変なので、
ある程度入れたら確認しながら補充していきます。

オイル窓が無いのは不便です。

以前に入れ過ぎてしまい、抜くのに苦労しました。

ゲージで確認し完了。

開始から15分程で作業終了しました。

これといった不具合もなく、20.000キロ超えました。

初めてのカワサキ車なので、不具合が心配でしたが最近のバイクは故障しません。

壊れても単気筒エンジンなので、修理して乗り続けます。


日頃の足に活躍してますが、前回の福島県塙町まで
初めてツーリングで使用しました。

福島県塙町紅葉ツーリング2 鮫川村の江竜田の滝&強滝に古殿八幡神社参照

おかげで腰痛になってしまいましたが…

最近は林道を全く走っていませんが、時間を作って山走行で腕を上げたいです。


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ



この記事へのコメント