らあめん花月嵐「中華そば 竹下食堂」懐かし横丁の中華そば

今回は、らあめん花月嵐の

「中華そば 竹下食堂」

昔ながらの醤油ラーメンで、何度かネーミングが変わっているようです。

げんこつらあめんシリーズと対照のスタンスを取る、 “あっさり醤油味”。花月嵐創業期早々にすでに登場しており、「東京ラーメン」「大正ラーメン」「懐かし横丁の中華そば」と変名し、この名称で定着する。基本路線は、誰の思い出にもある古き良き日本の味であることに変わらないが、常に見えない改良が幾度と無く重ねられた、変わらぬ旨さのために変わり続ける一杯。

らあめん花月嵐ホームページ引用


券売機で食券を購入し、アプリ提示でで半ライスのサービスを受けます。
程なく着丼。

中華そば 竹下食堂 720円(半ライス無料)
花月嵐 中華そば 竹下食堂.JPG

まずはスープから。

花月嵐 中華そば 竹下食堂 スープ.JPG

謳い文句通り、昔懐かしい中華そばの味わい。

スープをどんどん飲んでしまいます。

麺は細麺。

花月嵐 竹下食堂 麺.JPG

具もネギ、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ナルトと昔ながらの中華そばのビジュアル。

花月嵐 中華そば 竹下食堂 具.jpg

卵も入ってます。

卵は半ライスに乗せ、崩して食べます。

花月嵐 半ライス卵乗せ.JPG

後半には「激辛壺ニラ」を投入。

花月嵐 中華そば 竹下食堂 激辛壺にラ.JPG

ちょっと冒険かと思いましたが、これが予想に反して合います。

ピリ辛スープを飲み干し、薄っすらと額に汗をかきます。


実家の近所にあった老舗ラーメン店。皆大好きで、幼い頃から実家で出前を注文。

そのラーメンを高校生の頃、頻繁に食べるようになりラーメン好きに。

その一杯を思い出しました。

その店には、学生時代から友人を連れて行きましたが、全員が美味しいと絶賛。

しかし20年程前に後継者がおらず、惜しまれながら閉店…

そんなお店がこれからも増え続けるかと思うと、寂しくもあり残念です。


記事を読んで、役に立ったり、面白かったと思って頂けたらクリックお願いします!
↓↓↓皆さんからのクリックが励みになり、記事を書く活力になります。

にほんブログ村 バイクブログへ


この記事へのコメント