NBAレジェンド「コービー・ブライアント」レイカーズ8番&24番 事故死

2020年1月27日(月)突然の訃報でした。 NBAの元スーパースター コービー・ブライアント がヘリコプター事故で亡くなりました。 1996年にNBAでは珍しい高卒でデビュー、ドラフト13位でした。 この年はドラフト豊作年で、アレン・アイバーソンを筆頭に 数々のスター選手が登場、コービーもその一人です。

続きを読む

12019-2020 NBAが10月に開幕!楽天TVがネット配信 月額or年額

10月から、いよいよNBAが開幕。 昨年から放映権がWOWOWから楽天TVへ移りました。 長年録画で楽しんでいたので、ネット配信に何かと不便を感じてましたが、 優勝はトロント・ラプターズと驚きの結末となりました。 毎年ライブ後にファイナルは何度か視聴してますが、ネット配信を 月額視聴していたので、オフシーズンの7月からは試合が無いのに 月額料金を払わなければ視聴出来ない状態になりました。

続きを読む

2019NBAファイナル壮絶 トロント・ラプターズNBA初制覇

今年のNBAファイルはトロント・ラプターズの有利な点は、 正直ホームコートアドバンテージしか思い当たりませんでした。 サンアントニオ・スパーズでファイルMVPに輝いたカワイ・レナードが、 ラプターズ一年目でどこまでチームを引っ張る事ができるか。 ウォーリアーズもデマーカス・カズンズの怪我に加えて、怪我を押して出場した得点源の ケビン・デュラントが、まさかのアキレス腱断裂と万全ではないチーム状態ではありますが、 そこをカバーできるタレントが豊富です。 しかし第1戦はホームのラプターズが勝利、ウォーリアーズは 試合間隔が空いたので本調子ではないだろうとの解説者の見解でした。 案の定、第2戦はアウェイのウォーリアーズが勝利。 しかし第3戦はホームコートで絶大な安定感を見せているウォーリアーズがまさかの大敗。 この試合の結果で、ラプターズがNBAチャンピオンになるのではと思い始めました。 更に第4戦もホームのウォーリアーズを下し、ラプターズがNBA制覇に王手をかけます。

続きを読む

2018年NBA開幕!WOWOWでの放送終了に視聴の方法は?

今年もNBAが始まりました。 しかし残念な事にWOWOWでの放送が終了となり、放送権は楽天TVが獲得。 長年に渡り、NBAを放送してきたWOWOWでの放送終了は、 録画器で視聴している管理人には悲しい出来事です。 しかし格闘技好きな管理人には悪いニュースばかりではなく、 なんと念願の「総合格闘技 UFC」がWOWOWで復活。 管理人同様、リクエストが多数あったのでしょう。

続きを読む

2017-2018NBAプレーオフ!見どころ満載!今年は混戦!

管理人一押しのOK3擁するオクラホマシティ・サンダーはシーズン序盤から 苦しみましたが、プレーオフ前から好調さをキープ。 もう1チームの一押しサンアントニオ・スパーズもエース、カワイ・レナードの 離脱で苦しみながらプレーオフ進出、レナードが復帰すれば一気に優勝候補。 昨年の優勝チーム、ゴールデンステイト・ウォーリアーズはシーズン終盤に不調。 エースのステフィン・カリーが怪我とはいえ、最終戦ではユタ・ジャズに惨敗。

続きを読む

NBA 移籍情報

インディアナ・ペイサーズのエース、ポール・ジョージがオクラホマシティ・サンダーに移籍! 昨年、ケビン・デュラントがチームを去り、どうなってしまうかと心配されたチームを見事 プレーオフに導き、自分は年間トリプルダブルを達成しMVP獲得した ラッセル・ウエストブルックには朗報。ポール・ジョージはサンダーのチームスタイルに すぐにマッチできそうなのでサンダーファンの管理人は来シーズン開幕の楽しみが増えました。 ユタ・ジャズのゴードン・ヘイワードのボストンセルティックス移籍にも驚きました。 「フランチャイズ・プレーヤー」は既に死語になっているとネット記事で見ましたが 寂しい限りです。そしてサクラメント・キングスからルディ・ゲイの サンアントニオ・スパーズヘの移籍! そしてシカゴ・ブルズのエース、ジミー・バトラーのミネソタ・ティンバーウルブスへの移籍… ウルブスは来シーズン、ロサンゼルス・レイカーズと共に、注目のチームと思っていただけに 楽しみでもありますが。有望な若手を引っ張ってもらいたいです。 チーム改革及びビジネスと優勝が最終目標の、首脳陣の考えなの仕方がないでしょうが。

続きを読む

NBA MVP発表!

ついにMVPが発表されました! 受賞者は当然、見事年間トリプルダブルを達成したラッセル・ウエストブルックです(^^)/ 発表前は、ジェームス・ハーデンやカワイ・レナードの名前も上がっていましたが 年間トリプルダブルという史上二人目の達成者、ラッセル・ウエストブルックで妥当でしょう。 オスカー・ロバートソンがプレイしていた時代とは、全くルールも変わってしまい 年間トリプルダブルなど夢のまた夢と思っていましたが、驚きました! 関係改善が修復不可能と言われている過去のチームメイト、ケビン・デュラントも 祝福の言葉を送っていました。 去年は共にゴールデンステイト・ウォーリアーズを苦しめ、ファイナル進出に あと一歩まで迫った旧友の祝福をどう受け取ったでしょうか? デュラント移籍で優勝候補から外れてしまったオクラホマシティ・サンダーを これからも引っ張っていってもらいたいです。

続きを読む