2017NBAファイナル キャバリアーズvsウォーリアーズ第五戦!

ウォーリアーズがホームで優勝を決めるか、レブロン・ジェームズ率いるキャブスが 粘りを見せるか、注目の一戦は開始早々にケビン・ラブがファールトラブルでベンチに 下がりますが、キャブズがターンオーバーから得点を伸ばします。オフェンスが好調。 キャブズはオフェンスリバウンドを頑張ります。 ウォーリアーズもオフェンスが不調に見えましたが、いつの間にか30点を超えます。 第一クオーターが終わって37対33と毎回のハイスコアでキャブスがリードします。 第二クオーターも立ち上がりはキャブスペース。 その後、ウォーリアーズがベンチプレーヤーで得点を重ね追い上げます。 ケビン・デュラントのスリーポイントシュートで逆転します。ステフィン・カリーも スリーを決め、ウォーリアーズに流れを引き込みます。 キャブスはターンオーバーが続き、完全にウォーリアーズペースに変わります。 キャブスがタイムアウトを取るも、一気に15点差がつきます。 そして両チームがエキサイト!三人がテクニカルファールを受けます。 中盤にはキャブスのリズムが一気に悪くなりましたが、JRスミスのロングスリーポイントで 何とか11点差まで戻し71対60でハーフタイムに入ります。 第三クオーターは一進一退の展開に。アウェイのキャブスは早目に点差を詰めたいところ。 キャブスは何とか粘りを見せ、14点差あった点差を5点差にし98対93と 第四クオーターに望みを繋ぎます。 第四クオーターはウォー…

続きを読む

2017NBAファイナル キャバリアーズvsウォーリアーズ第三戦!

ホームコートのキャバリアーズは絶対に落とせない試合! 立ち上がりから、ファイナルにふさわしい試合でした。 立ち上がりからお互い激しいディフェンスをしますが、両チームともディフェンスを 感じさせないオフェンス!スリーポイントシュートの応酬、ディフェンスを 物ともしないペネトレイトとバスケットボールの醍醐味が観れました! 試合は目の話せない展開! 第四クオーター終盤には、ホームコートだけにキャバリアーズが怒涛の攻撃で点差を広げたので そのまま逃げる切るかと思いましたが、ウォーリアーズの粘りには驚き! レブロン・ジェームスのディフェンスをかわし、最後の最後で後半不調の ケビン・デュラントが決めました! 両チームともスリーポイントシュートが決まっていただけに 集中力が欠いたディフェンスに見えました…さすがのレブロンにも疲れが… 逆転を狙ったカイリー・アービングはボールを持ち過ぎたように… 決めればヒーロー、それを決めてきたアービングなので仕方がないかと… クレイ・トンプソンの大活躍が勝利を呼び込みした! 王者キャバリアーズのまさかのスイープ負けもあり得ますが、一矢報いてほしいです!

続きを読む

2017NBAファイナル キャバリアーズvsウォーリアーズ第二戦!

この試合、腰痛で欠場中だったスティーブ・カーヘッドコーチが復帰しました! それでは、ティップオフ(^^)/ 立ち上がりはクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが積極的に ゴールに向かい、負けられない試合に気迫溢れるプレーを見せます。 これに対しゴールデンステイト・ウォーリアーズは不調のクレイ・トンプソンが返します。 その後もレブロンがインサイドを攻める。 お互い、いいディフェンスを見せ、流れを渡さないとファイナルにふさわしい緊張感です! ちょっとお互いにターンオーバーが気になります。更にキャブスは中々シュートが決まりません。 それに引きかえ、ウォーリアーズはあっさりスリーポイントシュートを決めます。 キャブスの重苦しいオフェンスとは正反対、簡単に得点を上げるウォーリアーズ! キャブスがまたターンオーバーを犯す。ウォーリアーズがいいディフェンスが見せます! ですが、キャブスは要所で得点を決め、思ったより得点は離れません。 第一クオーターが終わって40対34とハイスコアな試合展開です。 第二クオーターはウォーリアーズが流れるようなオフェンスで得点を上げます。 不調のトンプソンのスリーポイントを決められ一気に7対1のラン、たまらずタイムアウト 12点差に!その後、悪いながらもウォーリアーズのターンオーバー助けられ、 なんとか6点差に戻します。ウォーリアーズも乗り切れない… お互いターンオーバーが多いのが気になります。 その…

続きを読む

2017NBAファイナル キャバリアーズvsウォーリアーズ第一戦!

今日からNBAファンが待ちに待ったNBAファイナルが始まりました! 今年もクリーブランド・キャバリアーズvsゴールデンステイト・ウォーリアーズです! 三年連続の対戦はNBA史上初だそうです。 ウエスタン・カンファレンスはウォーリアーズの最大のライバルは毎年 サンアントニオ・スパーズですが、実際イースタン・カンファレンスは キャバリアーズを倒せるチームが想像できないような… 来シーズンはボストン・セルティックスのドラフト一位指名選手と共にアイザイア・トーマスに 頑張ってもらいましょう!アル・ホーフォード、アイザイア・トーマスと一位指名選手で 新ビッグ3を形成してイースタン・カンファレンスに旋風を巻き起こしてもらいましょう! 去年はキャバリアーズが1勝3敗から奇跡の大逆転で優勝!昨年のウォーリアーズの 敗因はドレイモンド・グリーンの出場停止ではないでしょうか? 今年のファイナル優勝のキーポイントプレーヤーはキャバリアーズはケビン・ラブ ウォーリアーズはクレイ・トンプソンではないかと。ラブはやっとキャバリアーズで 存在感を出せるようになったと感じますし、トンプソンはプレーオフでイマイチ不調… この二人が思ったように活躍してくれれば、ぐっと優勝を引きつけそうです! そして両チームには、ここ数年のMVP受賞者が3人と豪華なメンバー(^o^) さあキャバリアーズの連覇なるか、それともウォーリアーズが去年の雪辱を晴らすか? ボクシングで言うところ…

続きを読む