NBAプレーオフ 西カンファレンス・ファイナル第四戦!

今日がシーズン最後の試合になるかもしれないサンアントニオ・スパーズですが この試合もエース、カワイ・レナードは欠場。この試合で引退になるかもしれない マヌ・ジノビリがスターターに! 試合開始からスパーズのシュート成功率が上がらず、第一クオーター半分を過ぎ 既にダブルスコアになってしまいます。タイムアウトを取るが、流れは変わらず21対7と大差。 ホームコートなので一気に波に乗り、引き離したいはずがシリーズの 悪い流れは変わらず…途中、スパーズはベンチプレーヤーがいい活躍をみせます。 悪いチーム状況の中で明るい兆し。若さ溢れるパワーで流れを持っていきたいところ。 一時はスパーズがベンチプレーヤーで盛り返しましたが、31対19と12ポイント差で 第一クオーター終了。 第二クオーター開始直後はお互いシュートが決らず、どちらが先に波に乗れるか。 スパーズが立て続けにスリーポイントシュートを決め点差を詰めようとしますが ウォーリアーズのケビン・デュラントが好調を維持、それを許しません。 あっさり点差を広げていきます。 その後、スパーズは焦りからかシュートが全く決まらなくなります。その後も流れを 掴みかけますが、中々波に乗れません…前半が終わって65大差51。シュートを外していた割には 51点とまずまずですが65点は取られ過ぎです。自慢のディフェンスが機能しません。 ラマーカス・オルドリッジにいたっては4ポイントと全く冴えません… 名将グレッグ・ポポビ…

続きを読む

NBAプレーオフ 西カンファレンス・ファイナル第三戦!

大事な試合ではありますがグレッグ・ポポビッチの判断で、今日の試合もカワイ・レナードは 欠場。サンアントニオ・スパーズは三連敗は絶対に避けたいでしょうが、レナードのこれからの 長い選手生活を考えると、致し方ない判断です。 試合は序盤から一進一退の好ゲーム!しかし第一クオーター中盤で、これまでいぶし銀の活躍を してきたデイビット・リーまでもがリタイア…もうこれ以上怪我人は出ないでもらいたいと 願うばかり。終盤にはマヌ・ジノビリの活躍で一気に逆転!やはりこの人の活躍なくして勝利は あり得ません。第一クオーター終わって33対29とホームチームのスパーズがリード! 第二クオーターもアップテンポな試合、両チーム譲らぬ展開に。速攻を決められると、速攻で お返しと目の離せない面白い内容。ザザ・パチュリア欠場もジャベール・マギーが余りある活躍を 見せます。ゴールデンステイト・ウォーリアーズはクレイ・トンプソンがこの試合でも不調 乗り切れません。スパーズのラマーカス・オルドリッジもイマイチ冴えがありません… 試合は一進一退で進み、両チームとも流れが行きかけた途端にタイムアウトを取ります。 如何にこの試合が重要かを伺わせます。前半終盤にウォーリアーズが徐々に点差をつけ始めますが ウォーリアーズはステフィン・カリーとドレイモンド・グリーンがファールトラブルに。 後半に影響しそうです。前半終了間際にまたもジノビリが存在感を見せます。後半の鍵を握るか? 前半が終わって64対5…

続きを読む

NBAプレーオフ 西カンファレンス・ファイナル!

ゲーム開始からゴールデンステイト・ウォーリアーズが9対2とスタートダッシュを決めます。 その後も速攻、スリーポイントシュートと多彩な攻撃で得点を重ねます。サンアントニオ スパーズはシュートが決らず苦しい試合に。ウォーリアーズが点差を広げ、33対16と ダブルスコア以上をつけ、第一クオーター終了。第二クオーターに入ってさらに点差をつけられ 完全にウォーリアーズペースに!スパーズはチームに積極性が乏しく、シュートを 譲り合ってしまいそのシュートも外れる始末。ウォーリアーズにシュートを簡単に 決められてしまい、25点差をつけられ、第一線とは真逆の試合展開に。カワイ・レナードの 欠場でこれ程の試合になってしまうとは…その後もスパーズは全く点差を詰められません。 タイムアウトを取りメンバー交代しても流れは変わらず、グレッグ・ポポビッチ成す術無しか? 第二クオーター終了し72対44と大差がつきます。フィールドゴール成功率はウォーリアーズが65% スパーズは36%と散々。スパーズはジョナサン・シモンズだけが元気を見せます。オフェンスが 不調でもディフェンスを頑張ってほしい。ハーフタイム中のポポビッチの激昂が目に浮かぶ… 第三クオーターに入ってスパーズが少し点差を詰めるが、目を見張る爆発がなければ追いつくのは 難しい状況…その後はまたウォーリアーズに点差をつけられます。 ペネトレイトにスリーポイントシュートとウォーリアーズがやりたい放題の試合に。ポポビッチも ベンチに…

続きを読む

NBA西カンファレンス・ファイナル!

いよいよ、今日からウェスタンカンファレンス・ファイナル! ゴールデンステイト・ウォーリアーズvsサンアントニオ・スパーズ、リーグ屈指の好カード! 第一クオーターは完全にスパーズペースで。ウォーリアーズのシュートが中々決らず ターンオーバーも多発!スパーズはアウェイとは思えない試合運びで30対16と大量リードで 第一クオーター終了。第二クオーターに入ってもスパーズペース。ウォーリアーズは得点が入らず 37対19でたまらずタイムアウトを要求。タイムアウト後も流れは変わらず、マヌ・ジノビリの シュートが決まり、ダブルスコア以上の差に!シーズン中では見られない試合展開。 カワイ・レナードの活躍も目立ちます。中盤から、スパーズのシュートが徐々に外れ始めます。 その後、若干ウォーリアーズに流れが行きかけましたが、レナードの働きで再びスパーズが 点差を広げます。スパーズはリバウンドが強い!前半が終わって62対42とホームの ウォーリアーズが大苦戦!レギュラーシーズンでは見られなかったような試合内容。 スプラッシュ・ブラザーズが目立ちません。第三クオーター序盤はスリーポイントシュートの 応酬!ステフィン・カリーが連続で入れるが、スパーズも、負けじと返し、お株を奪います。

続きを読む

NBAプレーオフ カンファレンス・セミファイナル

サンアントニオ・スパーズはカワイ・レナードの欠場で、厳しい試合になるだろうと 覚悟しての試合観戦。 試合開始からスパーズが中々のチームプレーでレナードの欠場を感じさせない展開。 第一クオーターを終わって31対24と7点のリード!管理人がキーマンとしていた ラマーカス・オルドリッジが第一クオーターだけで10得点と好調なスタート! ジェームズ・ハーデンが絶不調で得点を上げられないどことか、ターンオーバーが目立ちました。 ロケッツはホームゲームであるにも関わらず、チームの歯車が合わない苦しい試合展開。 第二クオーターに入っても試合の流れは変わらず。レナード欠場で、且つアウェイのスパーズが 全く苦しいところなく優位に試合を進め61対42と大量リードでハーフタイムへ。 ハーデンはまさかの5ポイント… あまりにワンサイドゲームではつまらないので、今年のコーチオブザイヤー受賞、 ホームチームのマイク・ダントーニヘッドコーチの軌道修正に期待し、後半へ。 ですが第三クオーターに入ってもロケッツの状況は一向に変わらず。 タイムアウトを取っても噛み合わず…

続きを読む